「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

※このページはプロモーションを含みます

「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

このページをシェアする

ドルコスト平均法は「初心者に向いている」として知られる投資手法です。しかし、「どんな仕組みなのか」「デメリットはないのか」など気になっている人も多いのではないでしょうか。

ドルコスト平均法の基本的な仕組みやメリット、デメリット、具体的な実践方法などをわかりやすく解説します。

ドルコスト平均法は定期的に一定額を購入する投資方法

ドルコスト平均法とは、値段が上がったり下がったりする金融商品を「毎月」などの定期的に、「1万円」などの一定金額ずつ買う投資方法です。積立投資の手法の一つとして知られています。

ドルコスト平均法は定期的に一定額を購入する投資方法

毎回同じ“金額”を投資するため、自動的に「値段が高い時は少なく、安い時は多く買う」ことになります。これにより、平均すると安い金額で買える効果が期待できます。

毎月同じ“数”を購入するケースとはどう違うのか、具体例に比べてみましょう。

りんごを毎月5個ずつ購入した場合
りんごを毎月500円ずつ購入(ドルコスト平均法)した場合

AとBの合計購入額は同じですが、Bの方が購入数が多く、1個あたりの値段も抑えられています。このように、毎月同じ数を購入するより、同じ金額で購入する(ドルコスト平均法)方が平均の購入単価を低くできる期待があります。

上記はりんごを例にしましたが、投資の世界では、りんごと同じように値段が変動する株式や投資信託などの商品を取引します。

ドルコスト平均法のメリット

ドルコスト平均法のメリットは「1個あたりの値段(平均購入単価)を抑えられる効果が期待できる」だけではありません。その他のメリットについて見ていきましょう。

まとめて投資するより精神的な負担がかかりにくい

精神的な負担がかかりにくい

ドルコスト平均法は、まとめて投資する場合(一括投資)に比べて精神的な負担がかかりにくいでしょう。

一括投資の場合は売買するタイミングが重要なので、常に相場をチェックし続けることになります。一時的に大きな損失を抱えることもあり、ストレスが大きくなるかもしれません。

ドルコスト平均法なら、基本的に毎日細かく相場をチェックする必要はありません。購入するタイミングに悩む必要がなく、「あの時に買っておけばよかった」「もう少し待てばよかった」と後悔することもないので、精神的な負担が少なくて済みます。

ドルコスト平均法では、途中で急に価格が下がったとしても、投資をやめるときの価格が平均購入単価を上回っていれば利益を得られます。そのため、例え一時的に相場が下落しても、「今は安くたくさん購入できる時期だ」と考えれば、気長に投資を続けやすいでしょう。

投資経験がない人や資金が少ない人でも始めやすい

知識がなくても始めやすい

ドルコスト平均法は、最初に投資期間や購入金額を決めて、一定間隔で購入するだけです。そのため、経済や相場に関する高度な知識がなくても始めやすいというメリットがあります。

積立投資の設定をしておけば、あとは毎月自動的に一定額ずつ投資できるので、手間もかからず、都度考える必要もありません。

ドルコスト平均法はリスクを抑えながら少しずつコツコツ取り組めるので、初心者にも適した投資手法といわれています。例えば、投資信託なら毎月100円程度から積み立てられる証券会社もあります。無理のない金額を自分に合ったペースで投資できるでしょう。

ドルコスト平均法のデメリット

ドルコスト平均法はよく「初心者にもおすすめ」とされていますが、メリットばかりではありません。以下のようなデメリットがあることも知っておきましょう。

すぐに大きな利益を出すのは難しい

ドルコスト平均法は、長期間投資を続けることで徐々に利益が大きくなり、最終的にまとまった資産形成を目指すタイプの投資手法です。

一括投資のように、安くなったタイミングで一気に資金を投資したり、大きく値上がりしたタイミングで売却したりするといった柔軟な対応をするのは難しいでしょう。

ドルコスト平均法では購入価格のぶれ(リスク)を抑えることを目指す分、大きなリターンも狙いにくくなると考えましょう。投資のリスクとリターンは比例するのが原則です。

上記のような特性があるため、ドルコスト平均法は短期間で大きな利益を出したい人には向いていないといえます。

手数料の負担が大きくなることも

投資商品を購入する際は、購入手数料(販売手数料)がかかる場合があります。購入するたびに手数料がかかる場合、一括投資に比べて購入回数が多いドルコスト平均法は手数料負担が大きくなる可能性が高まります。さらに、投資期間が長くなるほど、手数料の総額は大きくなっていきます。

ただし、金融機関によって手数料率は異なるうえ、同じ商品でも手数料がかかる金融機関とかからない金融機関があります。

投資信託の購入手数料を無料にしている金融機関は、ネット証券(インターネット専業の証券会社)に多い傾向があります。また、NISAのつみたて投資枠を使って投資する場合は、基本的に購入手数料無料の投資信託が投資対象となっているため、気にする必要はないでしょう。

なお、NISAを利用していても、購入手数料が無料でも、信託報酬(投資信託の運用や管理のための費用)などのコストはかかります。

ドルコスト平均法と一括投資を比較!シミュレーションしてみよう

10万円を一括投資した場合と、毎月1万円ずつを10回に分けて投資した場合(ドルコスト平均法)、最終的な損益にどのくらいの違いが出るのかシミュレーションしてみましょう。

【10万円を一括投資】
価格 購入口数 投資額
1カ月目 100円 1000口 10万円
【1万円ずつを10回に分けて投資(ドルコスト平均法)】
価格 購入口数 投資額
1カ月目 100円 100口 1万円
2カ月目 50円 200口 1万円
3カ月目 200円 50口 1万円
4カ月目 80円 125口 1万円
5カ月目 100円 100口 1万円
6カ月目 40円 250口 1万円
7カ月目 40円 250口 1万円
8カ月目 200円 50口 1万円
9カ月目 100円 100口 1万円
10カ月目 80円 125口 1万円
平均74円 合計1350口 合計10万円

10カ月後(価格:80円)に投資を終え、売却するとします。一括投資では、10万円(100円×1000口)で買ったものが、売却時点では8万円(80円×1000口)になってしまい、2万円の損失です。一方で、ドルコスト平均法では10万8000円(80円×1350口)となり、8000円の利益が出ます。

上記のシミュレーションでは、ドルコスト平均法の方が一括投資より多くの口数を購入でき、平均購入単価を抑えられています。そのため、ドルコスト平均法の方が利益を出すためのハードルが低くなっているといえます。

一括投資の場合
ドルコスト平均法の場合

両者の違いは、以下の記事でも解説しています。

ドルコスト平均法は意味ない?向いていない相場もある

とはいえ、ドルコスト平均法は相場の動き次第では損する可能性もあるため、決して万能な手法ではありません。ドルコスト平均法に向いていない相場としては、例えば以下のような例が挙げられます。

● 右肩上がりの相場

ずっと上昇が続く右肩上がりの相場では、一括投資の方が有利になります。

【一括投資】
価格 購入口数 投資額
1カ月目 100円 1500口 15万円
【ドルコスト平均法】
価格 購入口数 投資額
1カ月目 100円 500口 5万円
2カ月目 150円 333口 5万円
3カ月目 200円 250口 5万円
平均138円 合計1083口 合計15万円

上記の例では、一括投資の平均取得単価は100円ですが、ドルコスト平均は138円と、高値で取得しています。また、一括投資は1500口購入できていますが、ドルコスト平均法は1083口だけです。

仮に3カ月後に売却する場合、一括投資は30万円(200円×1500口)ですが、ドルコスト平均法は21万6600円(200円×1083口)となります。

右肩上がりが続くようなら、一括投資への切り替えを検討するのも1つの方法でしょう。

● 売却直前に価格が急落した場合

長年にわたって投資を続け、ずっと順調に推移してきていても、売却直前に暴落してしまうと損失が出る可能性があります。

ドルコスト平均法はリスクを抑えやすいのがメリットですが、リスクを抑えるほどリターンも抑えられる傾向にあります。売却直前に暴落すると、挽回する時間がないまま、今まで積み上げてきた含み益がなくなってマイナスになるほどのダメージを負うことがあるので注意が必要です。

このような局面では、売却時期を当初の予定より遅らせるなど、柔軟な対処が必要になるでしょう。

ドルコスト平均法が向いている人・向かない人

ドルコスト平均法が向いている人と向かない人、それぞれの特徴を紹介します。

【ドルコスト平均法が向いている人の特徴】

  • 投資期間に余裕がある人
  • 投資にあまり時間が割けない人
  • 一度に多くの資金を用意できない人

ドルコスト平均法は長期投資と相性が良いので、じっくりコツコツと資産形成していきたい人にぴったりです。また、ある程度ほったらかしでよく、少額からスタートできるので投資初心者でも実践しやすいでしょう。

【ドルコスト平均法が向いていない人の特徴】

  • 短期間で大きな利益を狙いたい人
  • 自分で積極的に情報収集し、頻繁に売買をしたい人

ドルコスト平均法は価格変動のリスクを抑えた投資手法なので、「ハイリスクでもいいからハイリターンを狙いたい」という人には向いていません。また、投資に関する経験や知識が豊富で、自分で売買のタイミングを見極めながら利益を得たい人にも向いていないでしょう。

ドルコスト平均法を実践するなら新NISAの利用も視野に

実践するなら新NISAの利用も視野に

ドルコスト平均法を実践するなら、新NISA制度を利用することも検討してみましょう。

2024年1月から始まったこの制度を利用して投資すると、投資で得た利益が非課税になります。新NISAを利用して積立投資をすれば、ドルコスト平均法を手軽に実践できるでしょう。

新NISAで積立投資をするには、金融機関でNISA口座を開設し、投資信託を選びます。その後、毎月の購入額や購入日を設定すれば、あとは自動的に定期購入が継続されます。

新NISAでは「つみたて投資枠」と「成長投資枠」の2種類が利用できます。「つみたて投資枠」は積立投資(ドルコスト平均法)だけですが、成長投資枠では積立投資も一括投資も選べます。両方の枠で積立投資をすることも可能です。

「成長投資枠でもドルコスト平均法の方がいい?」と疑問を持つ人もいるでしょう。相場によってはドルコスト平均法でも損を出す可能性があるため、一概に「成長投資枠でも積立投資が正解」とはいえません。成長投資枠は一括投資、つみたて投資枠は積立投資と、運用方法に違いを持たせるのも1つの方法です。

ドルコスト平均法を活用して賢い資産運用を!

ドルコスト平均法は、毎回一定額ずつ定期的に購入していくことで、平均購入単価を抑えることを狙う投資手法です。少額から投資が可能なので初心者でも実践しやすく、価格変動のリスクを抑えられるメリットもあります。

ただし、相場によっては損をする場合もありますし、ドルコスト平均法が向かない人もいます。特徴を理解して上手に利用しましょう。

~さっそく始めたい人に~

新NISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Tポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 対象の投資信託なら保有残高に応じて毎月楽天ポイントが貯まる!
  • さらに楽天カードで積み立てれば最大1%の楽天ポイントが貯まる!

auカブコム証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントが貯まる
  • 信用格付け「AA」はネット証券最上位!だから安心して利用できる

マネックス証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立還元率は業界トップクラス!今なら最大2.2%の高還元!

このページをシェアする

新NISAの
ココが知りたい!

新NISAとは?メリット・デメリットは?わかりやすく解説

新NISAとは?メリット・デメリットは?わかりやすく解説

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

新NISAは証券会社(総合証券・ネット証券)と銀行のどっちがいい?

新NISAは証券会社(総合証券・ネット証券)と銀行のどっちがいい?

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA口座で持っている資産はどうすればいい?売却?保有?対処法を解説

つみたてNISA口座で持っている資産はどうすればいい?売却?保有?対処法を解説

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

「ドルコスト平均法」とは?メリット・デメリット、やり方をわかりやすく解説

50代で新NISAを始めるのは遅い?銘柄や金融機関の選び方も解説

50代で新NISAを始めるのは遅い?銘柄や金融機関の選び方も解説

何が違う?使い分けできる?どちらを優先すべき?新NISA・iDeCo徹底比較

何が違う?使い分けできる?どちらを優先すべき?新NISA・iDeCo徹底比較

「新NISA利回りランキング」で注目の老舗ファンドの秘密を探る! インタビュー

「新NISA利回りランキング」で注目の老舗ファンドの秘密を探る! インタビュー

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

参考サイト・たあんと

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

参考サイト・たあんと