つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

※このページはプロモーションを含みます

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

このページをシェアする

つみたてNISA(積立NISA)・一般NISAは2023年12月で投資可能な期間が終了し、2024年1月から新NISAがスタートします。この記事では、新制度への移行にあたって多くの人が感じる「?」について分かりやすく解説します。

つみたてNISA・一般NISA利用者は基本的に手続きナシで新NISAを始められる

新NISAはつみたてNISAと一般NISA、これまでそれぞれ別々だったものを一本化した制度です。

そのため、つみたてNISAと一般NISAどちらの口座を持っていても新NISAの口座は自動的に開設されます(新NISA口座は2023年までNISAで利用中の金融機関で開かれる)。

新NISAの口座は自動的に開設されます

なお、「新NISAは今までと違う金融機関で始めたい!」と考えている人は金融機関の変更手続き(移管手続き)が必要です。

金融機関を見直して別のところで新NISAを始めたい場合

基本的に、新NISA口座変更の手順は従来のNISA制度と同じです。一年に一回、変更したい年にNISAで投資をしていなければ以下の手続きを行うことで金融機関を変更できます。

NISA口座変更手続きの流れ
(例:A銀行→B証券に変更したい場合)

ステップ1
A銀行で金融機関変更の申し込み※1
ステップ2
A銀行から「勘定廃止通知書」または「非課税口座廃止通知書」が届く※1
ステップ3
B証券へ総合口座・NISA口座開設申込書類を請求
ステップ4
B証券へ必要書類※2を郵送する
ステップ5
金融機関の変更手続き完了!

※1…STEP1・STEP3は金融機関のWebサイト上で申し込み可能

※2…必要書類…勘定廃止通知書or非課税口座廃止通知書・NISA口座申込書・マイナンバー確認書類等

なお、別の金融機関で新NISAを始められるようになるには一定の時間がかかります。2024年の年始から新NISAを別の金融機関で始めたい場合、2023年の12月中旬ごろには手続きを完了させておくとよいでしょう。

つみたてNISA・一般NISA未経験で新NISAを始めたい場合

この場合、口座開設の手続きが必要です。新NISAの口座開設は18歳以上であれば誰でも簡単に各金融機関のWebサイト上から手続きを行えます。新NISA口座は一人につき一口座開設可能です。

なお、新NISAを始めたいなら、2024年になるのを待つより2023年中につみたてNISAか一般NISAの口座を開いて投資を始めておくのも一案です。

というのも新NISAとつみたてNISA(一般NISA)の「非課税投資枠(利益が出た時に税金がかからず投資できる金額の上限)」は別々で管理されるからです。

2023年中につみたてNISAまたは一般NISAを始めておくと、2024年から新NISAを始める場合よりも非課税で投資できる金額の総額を増やせます。

つみたてNISA・一般NISAで持っている商品も自動移行する?

残念ながら、移行するのは口座だけです。つみたてNISA・一般NISAの枠を使って購入した投資信託などの商品は新NISAの口座に移せません(総合口座などで購入した商品も同様に新NISA口座には移せない)。

では、つみたてNISAや一般NISAで購入した商品はどうなるのでしょうか?

つみたてNISAや一般NISAで購入した商品は2024年以降どうなる?

結論からお伝えすると、2024年以降もそれぞれの制度であらかじめ決められている期間内は利益に税金がかからないメリットを得たまま商品を持ち続けられます。

というのも新NISAとつみたてNISA(一般NISA)の「非課税投資枠(利益が出た時に税金がかからず投資できる金額の上限)」は別々で管理されるからです。

■投資で得た利益に税金がかからない期間
(非課税期間)
つみたてNISA 一般NISA 新NISA
20年 5年 無期限

例えば2023年につみたてNISAで投資信託を購入した場合、2042年まで通常は利益にかかる約20%の税金が0円のまま持ち続けられます。

つみたてNISA・一般NISAで購入して非課税期間が終了した商品は税金がかかる「課税口座」に自動的に移されます。なお、新NISAでは非課税期間が無期限になるので、新NISAで購入した商品は一生涯、いつ売却しても利益に税金がかかることはありません。

つみたてNISAや一般NISAで持っている商品はすぐ売却すべき?

投資信託は長期的に商品を保有していると購入時よりも値上がりしやすい≒利益が出やすいと言われています。

よって、2023年までのNISAで購入した商品は基本的に今すぐ売却する必要はありません。ただし、必ずしもさらなる利益を狙えるわけではないので、目標金額を達成した場合などは売却を検討するのも一案です。

このほか、「保有を続けて、NISAの非課税期間が終わるころに売る」「目標金額まで利益が出たor一定の基準まで値下がってしまったら売る」といった、商品売却の目安をあらかじめ決めておくと迷うことが少なくなるでしょう。

つみたてNISA・一般 NISAでの積立設定は新NISAに自動で反映される?

つみたてNISA(または一般NISA)で利用している金融機関でそのまま新NISAを開始する場合、新NISA口座が自動開設されるのと同様に積立設定も自動で引き継がれます。

ただし、新NISAには旧つみたてNISAの枠(つみたて投資枠)と旧一般NISAの枠(成長投資枠)の両方があるため、対応した枠に積立設定が引き継がれます。

新NISAの口座は自動的に開設されます

※成長投資枠対象の投資信託で積立設定をしている場合、反映される

つまり2023年までのNISAで積立設定をしていても、新NISAではどちらかの枠の積立設定が白紙の状態でスタートします。また、新NISAはつみたてNISAや一般NISAよりも非課税投資枠が拡大されるので、いずれにせよ積立設定の見直しが必要になるでしょう。

新NISAの非課税投資枠はどうなる?
現行NISA 新NISA
つみたてNISA 一般NISA つみたて投資枠 成長投資枠
1年間 40万円 120万円 120万円 240万円
→計360万円
全体 800万円 600万円 1800万円

※1800万円のうち、成長投資枠の保有限度額は1200万円

ジュニアNISA利用者はいつ新NISAを始められる?

最後に、ジュニアNISAについて触れておきましょう。ジュニアNISAはつみたてNISAや一般NISAと同様に2023年12月で投資可能な期間が終了します(口座開設は2023年9月末で受付終了)。

ジュニアNISA利用者が新NISAを始められるようになるのは基本的に、18歳を迎えた年の翌年(1月1日時点で18歳になっている人)からです。口座の移行は自動で行われます。

なおジュニアNISAも購入していた商品を新NISAの口座に移すことはできません(2024年以降もジュニアNISAの非課税期間5年の終了&18歳になるまでは非課税)。

~さっそく始めたい人に~

新NISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Tポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 対象の投資信託なら保有残高に応じて毎月楽天ポイントが貯まる!
  • さらに楽天カードで積み立てれば最大1%の楽天ポイントが貯まる!

松井証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投信保有残高に応じて最大1%のポイントバック!業界最高還元率!
  • 株主優待名人の桐谷さんが30年も愛用している歴史ある証券会社

auカブコム証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントが貯まる
  • さらにauPAYカードで積立てれば1%のPontaポイント還元!

マネックス証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立に対応!マネックスカードを使えば1.1%ポイント還元!

このページをシェアする

新NISAの
ココが知りたい!

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

参考サイト・たあんと

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

参考サイト・たあんと