新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

※このページはプロモーションを含みます

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

このページをシェアする

NISAはお得に投資ができる制度と聞いたことはあっても、これまでよくわからないと放っておいてはいませんか。2024年から新NISAが始まるこの機会に、あらためてこの制度を詳しく知って新NISAを始めるか検討してみませんか?

この記事では、新NISAの特徴やこれまでのNISA制度との変更点などをわかりやすく解説します。

新NISAとはお得に投資ができる制度

新NISAとは、投資で得た利益にかかる税金が0円になる節税メリットが魅力の制度です。

例えば、投資で得た利益が10万円ある場合、通常だと2万315円の税金(税率20.315%)がかかり手元に残るのは約8万円(7万9685円)です。ところが新NISAを利用すれば、運用益10万円をまるまる受け取れます。

新NISAを活用して投資する期間や金額が増えるほど、運用益が非課税になるメリットが大きくなり、効率的な運用が期待できます。

なお、2024年から始まる新NISAは2023年までのつみたてNISAが「つみたて投資枠」へ、一般NISAは「成長投資枠」へと名前が変わり一つの制度になります。

新NISAを利用すれば、運用益10万円をまるまる受け取れます。

新NISAはつみたてNISA・一般NISAと何が変わった?

新NISAは2023年までのNISAから主に4つのポイントがパワーアップしたことで、さらに使い勝手がよくなります。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

お得に投資できる金額が増えた

NISAには非課税で投資できる金額の上限(非課税投資枠)があります。新NISAでは、この上限額が2023年までのつみたてNISA・一般NISAと比べて大幅に増えます。

◾️年間投資枠(1年でいくらまで投資できるか)

  1. つみたて投資枠:120万円(つみたてNISAの3倍)
  2. 成長投資枠:240万円(一般NISAの2倍)
  3. 両方の投資枠の合計:年間360万円まで投資が可能に!

◾️生涯投資枠(一人当たりいくらまで投資できるか)

  1. 2つの投資枠合計:1800万円まで(つみたてNISAの2.25倍、一般NISAの3倍)
  2. つみたて投資枠だけでも1800万円全額利用できる
  3. 成長投資枠だけの場合は1200万円まで利用できる
    (残り600万円はつみたて投資枠の利用が必要)

年間投資枠、生涯投資枠ともに飛躍的に増え、さらに新NISAではつみたて投資枠と成長投資枠の両方が利用できます。

年間投資枠、生涯投資枠ともに飛躍的に増額!

お得に投資できる期間が一生涯になった!

2023年までのつみたてNISA・一般NISAでは運用益が非課税になる期間に限りがありました。新NISAではこの制限がなくなるため、一生涯お得に投資できるようになります。

■運用益が非課税になる期間

  1. つみたて投資枠:無期限(2023年までのつみたてNISAは20年間)
  2. 成長投資枠:無期限(2023年までの一般NISAは5年間)

つみたてNISA・一般NISAのように非課税期間が決まっていると、買った商品が値下がりしていたとしても期限までには売却するか、課税口座に移動(移管)するしかありませんでした。そのため、利益に税金がかからないメリットが活かせない場合もありました。

その点、新NISAでは非課税期間の定めがなくなるため、値上がりするタイミングまで制限なく待つことができます。つまり、新NISAは非課税の恩恵を受けやすくなるといえます。

値上がりするタイミングまで制限なく待つことができる!

投資できる商品が増えた

2023年までのつみたてNISA・一般NISAは併用できませんでしたが、新NISAはつみたて投資枠・成長投資枠の両方が利用できるようになり、投資できる商品が増えます。

■各枠の商品(カテゴリ)

  1. つみたて投資枠:金融庁の基準を満たす長期の積立・分散投資に向く投資信託
  2. 成長投資枠:一定の基準を満たす投資信託、個別株式など

■各枠の投資方法

  1. つみたて投資枠:積立投資のみ
  2. 成長投資枠:積立投資・一括投資(1度のタイミングでまとまった金額を投資)
新NISAはつみたて投資枠成長投資枠の併用ができる

上限金額まで投資しても、枠の再利用ができる

新NISAは非課税で保有できる上限1800万円まで投資しても、持っている商品を売却することで翌年から投資枠の再利用ができます。

2023年までのつみたてNISA・一般NISAは非課税で投資できる枠をいったん使い切ってしまうと、枠の復活はできませんでした。

新NISAでは、例えば値上がりした商品を売って利益を非課税で受け取り、再度その利益を元手に新NISAで投資してさらなる利益を狙う、といった戦略もとれるようになります。こうした連鎖が続けば、効率的な資産形成が期待できるでしょう。

新NISAは非課税で保有できる上限1800万円まで投資しても、持っている商品を売却することで翌年から投資枠の再利用ができます

新NISAを始めるには金融機関で専用の口座開設が必要

新NISAを始めるには、銀行や証券会社でNISA口座を開設する必要があります。口座開設の手続きの主な流れは以下のとおりです。

NISA口座開設の流れ

ステップ1
金融機関の総合口座とNISA口座の開設申込(ネットまたは郵送)
ステップ2
金融機関へ必要書類*をアップロードまたは郵送
ステップ3
金融機関で書類確認完了後、税務署審査を経て口座開設完了

※必要書類: NISA口座申込書・マイナンバー記載書類、本人確認書類等

各金融機関のWebサイトから口座開設ができ、金融機関によってはネット口座開設申込から最短2営業日で取引が開始できるところもあります。

留意点

NISA口座は1人1口座に限られ、複数の金融機関への申込はできません。ただし、年単位で金融機関の変更はできます。

金融機関によって取扱商品は異なるため、よく比較して口座開設しましょう。

つみたてNISA・一般NISAの口座はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAで購入した商品がある場合、すぐに売却しなければならないわけではありません。

購入時からつみたてNISAは20年間、一般NISAは5年間、2024年以降もそのまま非課税で保有し続けることができます。非課税保有期間の終了前に、売却するか課税口座に移動(移管)するかを選びましょう。

また、つみたてNISA・一般NISAを持つ金融機関では自動的に新NISA口座が開設されます。ただし、つみたてNISA・一般NISAで保有している商品を新NISAへ移管することはできません。

つみたてNISAは20年間、一般NISAは5年間、2024年以降も非課税で保有可能

新NISAは18歳以上なら基本誰でもできる

新NISAは成人であれば基本誰でもお得に投資が始められる制度です。新NISAでは豊富な商品ラインナップを活用することで、以下のように買うタイミングや商品を変えて柔軟な投資ができます。

■新NISA活用例

  • ① 普段は投資信託へコツコツ計画的に積み立て
  • ② 投資の知識をつけて、なおかつ資金に余裕がある時だけ、気になる国内株式へ投資
    (株主優待をもらいながら株価が上がる売り時を待つ)

個別株式への投資は企業ごとの情報を分析、比較するなど高度な知識が必要です。株式への投資はある程度の投資知識が身に付いてから検討すべきでしょう。初心者はまずは①投資信託への積み立てをメインで行うことをおすすめします。

~さっそく始めたい人に~

新NISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Tポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 対象の投資信託なら保有残高に応じて毎月楽天ポイントが貯まる!
  • さらに楽天カードで積み立てれば最大1%の楽天ポイントが貯まる!

松井証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投信保有残高に応じて最大1%のポイントバック!業界最高還元率!
  • 株主優待名人の桐谷さんが30年も愛用している歴史ある証券会社

auカブコム証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントが貯まる
  • さらにauPAYカードで積立てれば1%のPontaポイント還元!

マネックス証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立に対応!マネックスカードを使えば1.1%ポイント還元!

このページをシェアする

新NISAの
ココが知りたい!

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

参考サイト・たあんと

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

参考サイト・たあんと