つみたてNISAの20年後はどうする?非課税期間が過ぎたら利益は?課税される?

※このページはプロモーションを含みます

つみたてNISAの20年後はどうする?非課税期間が過ぎたら利益は?課税される?

このページをシェアする

2024年1月に新しいNISA制度(新NISA)がスタートしたことに伴い、従来のつみたてNISA(積立NISA)は新規投資ができなくなりました。

過去につみたてNISAで積み立ててきた資産は、最長20年間にわたり利益に税金がかからない状態で持ち続けることができます。では、その後はどうなるのでしょうか。

この記事では「つみたてNISAの20年後」について、どうすればよいかをケース別に分かりやすく解説します。

つみたてNISAの20年後、みんなの疑問に答えます

つみたてNISAの非課税期間は20年、つまり投資した年から20年間は利益に税金がかかりません。例えば2023年に購入した投資信託なら、2042年まで非課税で保有できます。

つみたてNISAの非課税期間が終了した後について、次のような疑問を持つ人も多いようです。

  • どうやって資金を引き出せばいいの?
  • いつ利益確定して売却するべき?
  • 20年経つと、自動で課税口座(税金がかかる口座)に移るの?利益に課税される?

疑問や不安は早めに解消しておきましょう。それぞれ解説します。

20年目になる前に、「どうすべきか」考えておこう―つみたてNISAの上手な運用方法

つみたてNISAで積み立てた資金は、1年ごとに管理されます。つみたてNISAが開始された2018年から2023年まで積み立てを続けた人の場合、2018年に積み立てた分の利益は、20年後の2037年まで非課税です。

翌年以降も同様に、2019年に積み立てた分は2038年まで、2020年に積み立てた分は2039年まで……と、1年ごとに非課税期間が終了していきます。

非課税期間が終わった分は、特に手続きなどしなくても自動的にNISA口座から課税口座(通常の証券総合口座=税金がかかる)に移ります。

では、どう対応するべきなのでしょうか。選択肢は2つ、「売却して利益確定」か「持ち続ける」かです。

20年目になる前に利益確定して売却する

利益確定して売却する

1つ目の選択肢は、非課税期間が終了する前に売却し、それまでの利益を確定させる(利確する)ことです。

タイミングによっては、ちょうど20年目に相場の大暴落が重なるという恐れもないとは言い切れません。そのため、20年が経過する数年前から利益が出ているか否かを確認するようにして、いつでも売却できるようスタンバイしておくと安心です。

課税口座に移管(移行)される前に売却すれば、利益分に税金がかかることなく全額受け取れます。そのため、つみたてNISAのメリットを最大限活かすことができるでしょう。

売却時期ではなく、あらかじめ「目標額」を決めておき、達成したら欲張らずに売却するというのも一案です。

つみたてNISAでは、いつでも好きなタイミングで売却でき、好きな金額を引き出せます。つみたてNISAの資産は1年ごとに管理されますが、売却にはその縛りがありません。保有する資産の範囲内で金額や口数を指定して現金化できます。

引き出し方法は、自分のNISA口座がある金融機関のマイページなどから、オンラインで簡単に手続きできるのが一般的です。

20年目以降課税口座で持ち続けるとどうなる?

売却せずに持ち続ける

2つ目の選択肢は、売却せずに持ち続けることです。20年過ぎても収益が十分でない場合、もっと運用を続けたい場合などにこの選択肢を取ることになりますが、注意点もあります。

前述のとおり、1年ごとに、20年が経過した資産から順に自動的に課税口座に移管(移行)されていきます。課税口座に移った後も、つみたてNISAの非課税期間内に得た利益分には課税されません。

しかし、課税口座に移ったときからさらに値上がりして利益が出ると、その分は課税対象になります。具体的に見ていきましょう。

課税されるケース① つみたてNISAで利益が出ていた場合は節税メリットあり

例として、積立開始年に40万円投資し、20年後に60万円になったところで課税口座に移り、その後70万円まで値上がりしたときに売却した場合を考えてみましょう。

積立開始年 20年後 課税口座への移管後
40万円 60万円 70万円

40万円から70万円に増えているので、利益は30万円(つみたてNISAでの利益:20万円、課税口座での利益:10万円)です。この場合、課税対象になるのは課税口座で得た10万円分の利益のみです。

つみたてNISAで利益が出ていた場合は節税メリットあり

課税口座では、利益に対して約20%の税金がかかります。10万円×約20%=2万円程度です。

仮に最初から課税口座で同じ投資をしていた場合、税額は利益30万円×約20%=6万円程度になります。つみたてNISAを使うことで、約4万円の節税になった計算です。

課税されるケース② つみたてNISAで損が出ていた場合はデメリットの可能性も

もう1つ例を挙げましょう。積立開始年に40万円投資し、20年後に値下がりして20万円になったところで課税口座に移り、その後40万円に戻ったところで売却した場合です。

積立開始年 20年後 課税口座への移管後
40万円 20万円 40万円

つみたてNISAでの損失が20万円、課税口座での利益が20万円で、合計損益0円の状態です。

この場合、税金の計算のもとになるのは、20年後の課税口座に移ったときの価格(20万円)です。つまり、積立時も売却時も40万円で利益が出ていない状況なのに、20万円から40万円に増えたとして、差額の20万円に対して約20%の税金(4万円程度)がかかります。

つみたてNISAで損が出ていた場合はデメリットの可能性も

この例では、最初から課税口座で投資していれば「利益0円=税金0円」だったはずが、つみたてNISAを利用していたために約4万円の納税が必要になり、結果的に損をしています。

このように、20年後以降も積み立てた資産を保有し続ける場合、その後の相場次第で税額にも影響が出ます。

まとめつみたてNISAの20年後の出口戦略を考えておこう

2023年末までにつみたてNISAを利用していた人は、以降も最長20年にわたって非課税でつみたてNISAで投資した投資信託を保有し続けることができます。

非課税期間が終了するまでに売却して利益を確定させるか、終了後も課税口座で保有を続けるか、紹介したケースなども参考に運用状況を見ながら出口戦略を立てておきましょう。

~さっそく始めたい人に~

新NISA口座
各社の推しポイントご紹介

SBI証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投資信託の保有残高に応じて毎月ポイントが貯まる(Tポイント等)
  • 三井住友カードでクレカ積立可能!積立額分でもVポイントが貯まる

楽天証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 対象の投資信託なら保有残高に応じて毎月楽天ポイントが貯まる!
  • さらに楽天カードで積み立てれば最大1%の楽天ポイントが貯まる!

松井証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 投信保有残高に応じて最大1%のポイントバック!業界最高還元率!
  • 株主優待名人の桐谷さんが30年も愛用している歴史ある証券会社

auカブコム証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてポイント還元アリ!毎月Pontaポイントが貯まる
  • さらにauPAYカードで積立てれば1%のPontaポイント還元!

マネックス証券

  • 投資信託の取り扱い銘柄数が多い!国内・海外株の手数料が完全無料!
  • 保有残高に応じてマネックスポイント還元!各種ポイントに交換可
  • クレカ積立に対応!マネックスカードを使えば1.1%ポイント還元!

このページをシェアする

新NISAの
ココが知りたい!

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAってどんな制度?仕組みや始め方を初心者にもわかりやすく解説

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

新NISAのデメリットはある?やさしく解説【メリットも紹介】

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局、新NISA口座はどこがいい?おすすめは?銀行・証券会社を比較

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

結局どれを買えばいい?新NISA銘柄おすすめの選び方

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

新NISAの成長投資枠とつみたて投資枠を分かりやすく解説

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

つみたてNISA・一般NISAから新NISA移行に手続きは必要?購入済み銘柄はどうなる?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAへの移管はできる?特定口座で投資をしている人のベストな対処法は?

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの金融機関の変更時ルールや手続き方法を解説!メリット・デメリットも紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAの運用シミュレーションはいくらか試算-金額・利回り・期間別に紹介

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

新NISAを最大限活用するコツは?「最速投資」と「コツコツ積立」どっちが有利?

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

どちらを選ぶべき? SBI証券と楽天証券の新NISAを徹底比較!

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

新NISAはクレジットカード決済もできる!ポイントが付くメリットも

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

オルカン・S&P500を徹底比較!新NISAで買うべきはどっち?

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

「S&P500」銘柄ならどれがいい?投資信託の指数についてわかりやすく解説

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

新NISAで複利効果は得られるの?複利効果を最大限に活用する方法は?

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

【2024年】新NISAおすすめ口座5選【証券会社・銀行を比較】

参考サイト・たあんと

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

クレカ積立を徹底比較!もっともお得にできるネット証券はココだ!

参考サイト・たあんと